卵黄油へのこだわり

Posted: 3月 7th, 2014, by admin

えがおのにんにく卵黄の、特筆すべき点は、卵黄ではなく、卵黄油を使っているところです。
卵黄油とは、卵黄を数時間かけて炒めて出てくる油のことで、卵黄を火にかけて炒っていると、ぽろぽろとなって、茶色っぽくなり、更に炒ると、黒っぽくなってきます。煙が出るまでよく炒って、真っ黒になった卵黄と、出てきた油を分けて作ります。
えがおのにんにく卵黄では、この卵黄油を更にろ過して、凝縮された栄養分を取り出しています。
なので、一般的なにんにく卵黄よりも、より凝縮された栄養分を、効率的に摂ることが期待できます。
また、この卵黄油を作るのも、機械で作ってしまえば早いのですがえがおのにんにく卵黄は、昔ながらの製法を採用。あくまでも質にこだわる姿勢が、この高品質のにんにく卵黄の秘密といえるかもしれません。

にんにくは何と3種類使用。
えがおのにんにく卵黄のにんにくは3種類もブレンドされています。
すっかり有名になった、福地ホワイト六片と、匂いの成分アリシンが従来のにんにくよりもはるかに少ない長野県産のにんにく、更にホワイト六片を熟成させたもの(黒にんにく)をブレンドしています。発酵したにんにくは、匂いが消えるばかりでなく、ポリフェノールなど、健康にいい成分が、生のにんにくよりもはるかに多く含まれているので、この3種類のにんにくのブレンドは、にんにくのよさを最大限に使用していると言えます。
ここに、更にローヤルゼリー、マカ、ビタミンB1が配合されているので、シンプルなにんにく卵黄の栄養価にうれしいプラスアルファ。特に、女性の方にうれしいブレンドとなっています。
では、実際に飲んでみて、どうでしょうか。
・匂いが全くないので、飲んでいても気にならない。
・今まで、長い時間をかけて自分で卵黄油を作っていたが、この商品にあえて、その手間が省けて、手軽に飲めてうれしい。
・子育てで毎日疲れていたが、飲み始めてから体がシャキっとしてきた。
というように評判がよくにんにく卵黄比較でも人気の商品として扱われています。

Recent Posts

Archives

Topics

Meta